離婚相談の弁護士費用

MENU

離婚相談の弁護士費用比較一覧

 

エースパートナー法律事務所

 

エースパートナー法律事務所

 

離婚問題における財産分与

不動産処理のご相談は初回相談無料

財産分与の処理実績多数

050-5578-9722

 

詳細はこちら

 

 

初回電話・面談相談が無料です。

 

電話相談は、18:00以降の時間外も対応してくれるため、仕事後でも相談ができます。

 

エースパートナーでは、何でもかんでもすぐに依頼、ということをすすめてくることはありません。

 

本人同士でどうにかなる場合には、今後の見通しや対応の仕方などのアドバイスだけをしてくれます。

 

相談者や依頼者の気持ちに寄り添いながら解決策を考えてくれる事務所なんです。

 

弁護士費用は、基本的には日本弁護士会が定める基準がベースとなっています。

 

相場内で適正妥当な金額です。

 

相談時に費用についても説明してくれます。

 

弁護士費用の分割払いにも対応してくれるため、気軽に相談してみてください。

 

住所 神奈川県川崎市川崎区東田町5-3 ホンマビル7階
相談方法

・初回電話相談 無料 (9:00〜18:00)時間外対応可能
・初回面談相談無料 無料(要予約)

対応エリア

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県

日本法規情報

 

日本法規情報

 

初回無料相談

WEB無料相談24時間対応

匿名相談OK

050-5578-9558

 

詳細はこちら

 

日本法規情報は、相談者の要望に沿った法律事務所を無料で案内してくれる窓口。

 

ご自分で弁護士を探す手間が省けます。

 

数多くいる弁護士の中から要件と自分に合いそうな弁護士事務所を案内してくれます。

 

全国対応で、細い要望も伝えることができるオススメの窓口です。

 

弁護士相談したいと考えている方の第一ステップとして活用できます。

 

住所 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル31階
相談方法

・初回電話相談 無料 24時間電話受付 
対応時間(9:00 〜 18:00)
・初回メール相談 無料 24時間受付
・初回面談相談無料 無料(要予約)

対応エリア

全国

離婚の仕方と相談料について

離婚と言っても、その仕方にはいくつか種類がありますので、まずはそちらを確認しておきましょう。

協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚

 

この4つが離婚の種類となりますが、@から順にややこしい離婚となるというイメージです。

 

一番ベストとなるのは、夫婦間の話し合いで離婚が成立する協議離婚です。

 

揉めないで離婚できたというケースとも言えますが・・。

 

夫婦での話し合いで決着がつくのであればそれに越したことはありません。

 

しかし、そうもいかないのが離婚ですね。

 

そこで、少し揉めているような場合には、弁護士に相談して弁護士を介して話し合うのも一つでしょう。

 

かなり揉めてしまっているような場合

 

もう到底二人では話し合うどころではないと思います。

 

弁護士に代理人となってもらうことをオススメします。

 

さて、費用についてですが、弁護士間ではかなりの差があります。

 

更に、離婚の仕方によっても費用が異なるため、まずはリサーチしたほうがいいでしょう。

 

費用の調査方法

 

ホームページがあるような事務所なら費用がのっている場合もあります。

 

しかし、ホームページがある事務所もそれほど多くはないため、電話をするなどして聞いてみてください。

 

2・3件、相談に行き比較するのもいいかと思います。

 

離婚の法律相談の大抵の相場

 

30分

5000円(税抜)

その後30分単位

5000円(税抜)

 

離婚問題法律相談の事務所無料検索サービス

 

離婚相談に強い日本全国の適切な弁護士を紹介してくれるサービスです!

 

日本法規情報サービス事務局【24時間受付】
電話 050-5577-7411

 

協議離婚をする際の注意点!!

離婚するには費用はかかるの?

 

離婚する際に弁護士に依頼するとなると費用がかかります。

 

また、1度2度の話し合いで終わるほど簡単ではないため、その費用もそれなりの額となります。

 

そこで、実際にはどれくらいかかるのか?

 

離婚原因によって費用が異なる!

 

離婚するという相手に対して請求するお金がないような離婚の場合

 

一定の着手金と報酬となります。

 

また、この場合、裁判にまで発展することもなく、調停や審判でまで行かず、解決できるケースが多くなっています。

 

浮気(不倫)やDVが原因で離婚するような場合

 

慰謝料の問題も出てきますので請求額に応じて費用が加算されます。

 

同様に、財産分与を求めるケースでも請求額に応じて加算されます。

 

まずはこの点を理解しておくことがポイントです。

 

では、具体的にはいくらくらいが相場か?

 

離婚における弁護士費用の相場

 

交渉・調停の場合

 

着手金 20〜40万円程度(税別)
報酬金

20〜50万円程度(税別)

 

訴訟の場合

 

着手金

30〜50万円程度(税別)

報酬金

30万円〜60万円程度(税別)

 

一つ言えることは、事務所によって10万円以上も開きがあることです。

 

しかし、費用が高いから良い弁護士、安いから悪い弁護士ということではありません。

 

2,3人の弁護士に相談するなどして、弁護士選びとともに費用の比較もしてみるといいでしょう。